33 years anniversary

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

いつもお世話になります。
今年も梅雨入りして何をするにでも大変な季節になりました。
コロナも落ち着き、梅雨明けしたら夏が来ます。
”海や川を裸で歩けるようにしたい”と毎年思うのですが。。。



それはさておき、先月33歳の誕生日を迎えることができました

妻 『7時~8時ぐらいに帰ってきてよ』

私 『え、なんで?そんな遅くならないけど』

妻 『いいから』

私 『はい』

こんな怪しすぎるやりとりが不自然すぎたので
おそらく10人ぐらいは来客があるだろうと思いアイスを購入して帰宅

ご飯はあるけど支度はしておらず
部屋がとてもきれいになっています。

帰宅早々、進んでトイレ掃除をしました(笑)

これは去年と同様、誰かくるなと確信をしましたが
特に触れず、妻が誰かとLINEをしているのをテレビをみながら観察

妻 『今着いたみたいだけど、どうやって入ってもらえばいいかな?』

私 『誰?』

妻 『それはわからん』

私 『ピンポン鳴らしてもらえば?』

妻 『それはダメ』

私 『それがダメな理由がわからんけども』
  『おれには”ゴミ出してくる”って言っておりてきましたって言えば?』

妻 『それいいね』

という調子で、ドッキリを下手くそすぎる妻



私  『何してると?』

長女 『パパの誕生日だから折り紙でメダル作ってる』

私  『おお!ありがとう』

素直な長女


私  『何してると?』

次女 『パパの誕生日に手紙書こうと思ったけど間に合わなかったからやめた』

私  『よくわからんけどありがとう(笑)』

素直すぎる次女


あまり見ないかわいい紐を振り回して遊んでる長男に対して

私  『何してると?』

長男 『きれいでしょ』

私  『そうね』

長女 『それ、パパへの手紙を包むための紐だよ』

私  『あらま、手紙は?』

長男 『ない』

でしょね(笑)

こんな家族とゴミ出しに行ったていの妻とこっそり来てもらった先輩方に
盛大にお祝いしてもらいました。ありがとうございました

ド平日に集まって食事して、お酒飲んで、笑って、笑って、笑って
プレゼントはもちろんうれしいですが、それよりも人が来てくれて同じ時間を共有してもらうことが一番のプレゼントだと改めて感じました





P.S.
帰りに買って準備したアイスはあえて出しませんでした
 

三つ星リフォームのフクマツについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

4月18日更新

2月8日更新

新スタッフブログ