~ 「勝つこと」よりも「負けないこと」 ~

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

毎月第4木曜日に「理念と経営」という経営誌を基に弊社スタッフで座学を行っております。

今回、その中で「勝つこと」よりも「負けないこと」が重要といった記事が記載されていました。

意味としては勝つことだけを目標にしていると色々な邪念が入るが、負けないことを目標にしていると、純粋な気持ちで物事に打ち込めるからとの事でした。

そしてそれは一つひとつの過程において最善を尽くすと言う事でもあると書かれておりました。

この言葉を読んで、昔プロゴルファーの岡本綾子さんが何かのツアーで優勝を逃した時

インタビューで「負けたのではなく勝てなかった」と発した事を思い出しました。

普通は「自分の力が足りなかった」「優勝できずに悔しい」などと言いがちではないかと思うのですが

「勝てなかった」との言葉が正に最善を尽くした結果出たワードだったのではないかと思います。



思いっきり話は変わりますが、サッカーのPK戦においてキーパーがセービングした時

よく実況で「外した~!」と言うのを聞きますが、あれはキッカーが「外した」のではなく

キーバーが「止めた」のだと思ってます。

キッカーもボールを蹴る強さ、どこを狙うかを熟考し、キーパーもどこを狙って蹴って来るかを推測し飛ぶ

お互い極度の緊張感の中、最善を尽くした結果なのです。

これを一方的にキッカーのミスの様に実況するのは個人的にとても違和感を感じていました。(枠外シュートはまあ外してますが)


と言う訳で、先日息子の最後の中体連2回戦で0-2から追いつきPK戦になり

1人止めて最後のキッカーも見事な神セーブで大逆転勝利した動画をお届けいたしました。
 

三つ星リフォームのフクマツについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

7月12日更新

2月8日更新

新スタッフブログ